• PFAライニングボールバルブ
  • PFAライニングボールバルブ

PFAライニングボールバルブ


  • バルブ本体デザイン : ASME B16.42 / EN12516-3
  • ANSI 150LB、PN 16、JIS 10K
  • PFAライニング肉厚 : 2~3 mm
  • ステンレス本体とPFAライニングの隙は蟻継ぎのデザインで埋まります
  • ダブルシーリングバルブ本体デザイン
  • ISO 5211 アクチュエーター 取り付け用パッドで簡単に自動操作できます
  • PED - CE 認証済み
Standard ANSI 150LB PN 16 JIS 10K
呼び径 1/2"~6" DN15~DN100 15A~100A
本体 ASTM A351-CF8+PFA ASTM A395-FCD+PFA EN10213-4/1.4308+PFA EN1563/EN-JS1040+PFA JIS G5121-SCS13A+PFA
キャップ ASTM A351-CF8+PFA ASTM A395-FCD+PFA EN10213-4/1.4308+PFA EN1563/EN-JS1040+PFA JIS G5121-SCS13A+PFA
ステム ASTM A351-CF8+PFA
ボール ASTM A351-CF8+PFA
シート TFM1600

PFA ライニングボールバルブの特長

1.流体抵抗力が低い:

PFA樹脂は抵抗係数と摩擦係数が低い材質です。

2. シンプルな構造、軽トルク:

アクチュエータは材質がアルミニウム合金のため、小型かつ軽量です。軽トルクのボールバルブに搭載することで低コストを実現することができます。

3. 操作が便利、開閉が速い:

全開位置から全閉位置に90°回転するだけで、長距離でも簡単にコントロールできます。ほんの僅かな回転で、十分に閉じることができます。

4. 修理が容易:

アクチュエータの構造はシンプルです。シールが交換可能で取り付けも便利です。
5. バルブのシール面が腐食されにくい:

全開や全閉の際にボールと弁座のシール面が媒質と隔離しているため、媒質が通っても腐食されにくいです。

6. 動力源に空圧を使用するため、安全性が高い:

エア式ボールバルブは空気源を動力とし、0.40.8MPaの操作圧力範囲で作動します。漏れが発生した場合はそのまま排出し、環境汚染がなく流体式、電動式よりも安全性が高いです。

7. アクチュエータ及び付属品を自由にご選定:

単作動型、複作動型、防爆型、リミットスイッチ、インジケーターを選定することができます。

8.自動化に対応
空圧式アクチェータによる自動操作型も標準でラインナップしています。

ブエノのPFAライニングバルブは製紙、ふっ化水素酸、フッ化水素酸塩素水、二酸化塩素、次亜塩素酸ナトリウム、硫酸などによく使われています。耐食・耐熱性に優れ流体を選ばない、化学工業・医薬品に最適な高性能